【DIY】大掃除のついでに!簡単・シンプル・低価格なスマート照明の設置方法【PHILIPS Hue・Gosund・Bomcosy】

ガジェット

【DIY】大掃除のついでに!
簡単・シンプル・低価格な
スマート照明の設置方法
【PHILIPS Hue・Gosund・Bomcosy】

こんな方にオススメ!

  • 安くスマート電球を導入したい
  • スマート電球を天井に設置する方法が知りたい

結論

  • PHILIPS Hue:約7,400円で設置可能!
  • 安い電球をつかうと:約5,200円で設置可能!
スポンサーリンク

照明をスマート化してよかったこと、
それは、

  • 目覚めがよくなった
  • 朝の準備時間が短くなった
  • 照明がシンプルでおしゃれになった

これを作ります

今回は、
安く・シンプルに、スマート照明を導入する方法を紹介していく。
大掃除のついでに、スマートホーム化を検討してみてはいかが?

2020年12月17日(木)~12月31日(木)まで、
amazonにて、Alexa対応スマート電球など、
声で家電をコントロールできる商品のお買い得な割引キャンペーンが行われているみたいです↓

スポンサーリンク

スマート電球は、いかにスマートか

そもそも、なぜ部屋に照明が必要なのか?
おそらく答えは、暗いと何も見えないから
とりあえず明るくなればいいのであれば、スマート電球は必要ない

では、なぜスマート電球が必要なのか?
それは、ただ明るくするだけではなく、

  • 照明で部屋の雰囲気を変えたいから
  • ボタンで照明を操作することがめんどくさいから
  • もはや、操作せずとも照明が点くようにしたいから

理由はこんな感じかな?

手軽に雰囲気作りをしたいけど、操作はめんどくさいからしたくない。

煩悩の塊みたいな理由やな\(^o^)/

電球だけじゃなく、
スマート〇〇ってのは、人間の堕落を助けるツールだと思ってます。

何を隠そう、僕も堕落人間の一人なわけですが、
僕だけ堕落するのも寂しいので、
いっそみんなでダメになりましょうよ。

明るさ・色調を調節できる

スマート電球のいい点1つ目は、
明るさ・色調を調節できる点

なぜ調節できるといいのか?

それは照明の明るさが気分に影響するから。

仕事が終わって会社を出たときに、

  • まだあたりが明るい
  • 真っ暗

全然気分が違うことないですか?
まだ明るいと、
帰ってからブログ1記事でも書いてみるか~って気にもなります。

そういうことです。

これが家になると、

  • くつろぎたい → 暖色で暗め
  • 集中したい → 寒色で明るめ
  • 寝る前 → 暖色でけっこう暗め

みたいに調整できるのが地味に便利なんです\(^o^)/

まとめて操作できる

スマート電球のいい点2つ目は、
複数の電球をまとめて操作できる点

どういう時に電球をまとめて操作するかと言うと、

  • 寝る時
  • 家を出る時
  • 帰ってきた時

こういうタイミングで、
すべての照明を消す or 点灯させる
って使い方が便利\(^o^)/

スマートスピーカーと連携させておくと、
「おやすみ」というだけで、家の照明すべてを消すこともできます。
家を出るときは「いってきます」だけで、すべて照明オフ
一気に消せるのは時短にもつながります

光を目覚ましにできる

スマート電球のいい点3つ目は、
光を目覚ましにできる点
すなわちタイマー機能。

目覚まし時計がリンリン鳴って起きると
「起きた」っていうより
「起こされた」感が強い。
(昔、携帯で好きな曲を目覚ましにしてたけど、
その曲がだんだん嫌いになるから設定するのやめたな~)

一方、光に照らされて起きるのは、
「自然と起きた」感覚が強く、
目覚めもいいと感じてます。

スマート電球の選び方

スマート電球と一口に言っても、
最近はいろんな種類の商品が売られています。

ここからは電球の選び方を考えてみるよ。

価格

まずは大事なお値段

スマート電球といえば、PHILIPS hueが有名ですけど、
他に比べて値段は高め。
(僕もPHILIPS hueのBluetooth対応モデルを使ってます)

フルカラーのモデルなんて、電球1個で6,800円。
この値段は正直、手が出しにくい。

僕が使っているのはこちらのホワイト (電球色)のシリーズ
色は電球色固定で、明るさが調節できるタイプなんですが、

2個セットで買って、3,938円。
一個あたりで言うとフルカラーの約1/3。
こちらは比較的手が出しやすいのではないでしょうか。

更に調べるともっとリーズナブルな商品もあります。

これ(Gosund)なんて、1600万色から色を選べて、
かつ、1個で2,180円!
今ならセールで1,740円まで値下げされてます。

安いなりのデメリットもあるのかもしれないけど、
amazonでの評価はおおむね良好。
(こっち買っても良かったな~)

追加設備が必要かどうか

見落としがちなのが、追加設備が必要かどうかって点。

スマート電球の中には、ハブとかブリッジといった
中継装置みたいな機器が必要な場合があるんですよね。

で、またこのハブ・ブリッジがそこそこの値段するわけですよ。

ハブを使うことのメリット:
外出先からの操作や映像とのシンクロなど機能拡張できること
ですが、スマートスピーカーがあれば、外出先からの操作は可能です

安く済ませたいなら、
このハブ・ブリッジが不要のものを買うのがおすすめ。

僕が使っているPHILIPS HueはBluetooth対応モデルなので、ブリッジは必要なし

驚きなのが、さっき紹介した一番安い商品もハブは必要ないとのこと
(文句なしやん)

発色のバリエーション

価格のところでも触れたが、
発色できる色のバリエーションも商品によって違うから、
購入前にはよく確認してほしい。

PHILIPS Hueでは、

  • フルカラー
  • 電球色~昼光色
  • 電球色のみ

みたいに種類がある。

リラックス効果があると言われている「青色」にしたい!
って人はフルカラーじゃないと青色にできないし。

色はそんなにいらないけど、
寒色~暖色の変化は欲しいって人は、
電球色~昼光色を調整できるモデルにしないと思うように調整できない。

自分が求める機能と価格を天秤にかけて、
ちょうどいい電球を探してね。

番外編

面白いスマート電球があったのでご紹介。

レトロでおしゃれな電球↓

スピーカー付き↓

安く設置するためには、シンプルに

ここからが本題。

安く、シンプルなスマート照明を自分で作っていこう!

スポンサーリンク

今回使ったもの

照明の設置に使ったものは以下の通り

  • 引掛ソケット
  • 三股分岐ソケット
  • PHILIPS Hue (電球色のみ、Bluetoothモデル)×3個

初めは、6畳のリビングを電球一つで照らしてたけど、
マックス明るくしても薄暗かったので、電球3つを設置できるようにしました。

費用

合計 7,389円

引掛ソケット570円
3分岐ソケット999円
Philips Hue ホワイト3個セット
(電球色・アウトレット品)
5,820円

シーリングライトで1万円位するから、
それと比べても安いよね!

さらに、安いスマート電球(Bomcosy)で作ると、
電球3個セットが3,599円なので、合計 5,168円
5千円台ならだいぶ手が出しやすい。
試しに買ってみるならこっちがいいかもしれない。

設置方法

設置方法は特に変わったことなく、
順番通りに設置していくだけ!

引きかけソケット設置

結構固くて力がいるので、
足元は安定させて作業しよう

今回購入した引きかけソケットは、
キャップがついているので、見栄えがよい

三股分岐ソケット設置

くるくるーっと回してつけるだけ、簡単。

電球取り付け

くるくるーっと回してつけるだけ、簡単。(×3)

角度調整

この三股ソケットは、それぞれの電球ごとに方向を変えられるので、
いい感じに調整します。

スマホ・スマートスピーカーと連携

設置できたら、スマホ・スマートスピーカーと連携しよう。
スマートスピーカーは必須ではないけど、あったほうがいい。
スマホからアプリを立ち上げて操作するのは案外めんどくさい。

スマートスピーカーも安くなってきているので、
一緒に買うのがおすすめ

まとめ【意外と安いし便利】

どうでしたか?
案外安く、しかも簡単にスマート電球を導入できるんですよ。

数分もあればすぐにできるので、
ぜひご検討あれ!

2020年12月17日(木)~12月31日(木)まで、
amazonにて、Alexa対応のスマート家電がお買い得になっているみたいです。
スマートホーム化をお考えの方は、今が買い時です↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました